運転免許証を取得する最短の方法

運転免許証を取得するためには

運転免許証を取得するまでに

運転免許証を取得するまでには自動車教習所に通う必要があります。簡単にご紹介すると運転免許証を取得するには運転免許試験場で免許証を取るための知識や技術があるか試験を受けて合格しなければなりません。何も知らないと試験を受けられないのです。
この試験のための知識や技術を教えてくれるのが自動車教習所。自動車教習所では一般的な道路交通法の知識から危険回避のための講習、高速道慮での教習などを行います。
自動車教習所で仮免許試験を受け、公道の走行能力があること、試験を受ける技術があることを認められると運転免許試験場での試験が可能です。
運転免許試験場で試験を受けるには、仮免許試験に合格していること、危険予測講習、高速教習などの講習を受けているなど一定の基準を満たしていないといけません。運転免許試験場で仮免許試験に挑むこともできますが合格率は5パーセント以下とかなり高い障壁です。

試験に挑むまでの方法に違いがある

自動車教習所にはいくつかの種類があります。通学して講習を受ける方法と合宿して試験まで学ぶ方法です。通学するにしても合宿するにしても、自動車教習所には種類があり公認自動車教習所と、非公認自動車教習所があります。
公認とされているとおり運転免許証を管理する公安委員会から自動車教習所として必要な技術があると認められているということです。そのため公認自動車教習所を卒業した人は、運転免許試験場で受ける実技試験が免除されます。
一方、非公認自動車教習所にも種類があり、届出自動車教習所と指導外自動車教習所があります。どちらも基本的には運転免許試験場で実技と学科の両方の試験に合格する必要があります。
本番となる運転免許試験場での試験について学科だけで済むのが公認自動車教習所であり、非公認自動車教習所は通いでも泊まり込みでも学科と実技、両方受験しなければなりません。


TOPへ戻る